熊本県で太陽光発電システムを設置する

太陽光発電システムの購入、設置にあたり、強風や台風にどの程度耐久性があるのかを心配される方がおられるでしょう。
特に沖縄や九州の鹿児島県や熊本県は太陽光発電にとって心配な毎年台風が直撃しますから、台風の強風や豪雨にソーラーパネルが耐えられるのか心配になるのももっともです。

ソーラーパネルの強度については、国産メーカーが製造するパネルの強度は日本国内で想定される最悪の悪天候にを十分余力持って耐えられるよう開発設計されているので心配はないでしょう。
家屋の屋根に設置するソーラーパネルの設置強度については、建設基準法で定められた強風に余力を持って耐えられるように取付金具の強度実験がなされています(最大風速60mを想定)。
沖縄県や九州各県に設置する取付金具は他地域よりも強度の高いものを使用します。