加害者からの謝意と誠意の金額と現状について

交通事故の被害者の立場に立たされてしまわれた、多くの方々が声を揃えられるのが、提示から渋々納得せざるを得なかった賠償金額に関する不満と、安易に承諾した自身への後悔です。
悪意こそ見当たらねども、加害者側に何らかの落ち度、すなわち過失の存在が確認されたからこその賠償金は、言い換えれば加害者側からの謝意と誠意です。
ところが実際には、被害者が被った実質的な損害には遠く及ばぬ、所定の計算式に基づくとの説明だけが添えられた提示額であるケースも多く、被害者側が更に窮してしまう展開が少なくありません。

ですがこうした場面で、何の理論的な裏付けも無く、ただ増額を迫ったとしても、こうした方法での要求がスンナリ通る事はありません。
そればかりか加害者側が単にゴネているだけとの誤解から、加害者側への心証を悪化させてしまい、トラブルを無用に複雑化させてしまうリスクも否めません。
こうした提示された賠償金額に対し、明らかに不足不満を覚えた場合には、然るべき手順を踏んでの要求からの再交渉が大切です。
今日こうした被害者をフォローすべく、豊富な専門知識でサポートしてくれる機関がクローズアップされており、全ての方々にとって要チェックの存在です。

http://baishoukin.com/baisyoukin/