ビットコインの可能性を調べてみました

日本では取引所の破たんが大きく報道されたことで広く知られるようになったために、非常にネガティブな印象を持たれることになったビットコインですが、世界の国々の中には自国が発行する通貨よりも信頼がおけるお金として、毎日の買い物はもちろん、教育費の支払いにも使われているところもあるほど、安定した通貨としての役割を果たすようになってきています。
そんなビットコインに興味を持ち、これからの可能性について調べてみたことがあります。
実際に取引をするとか、利用するまでにはまだ不安があるけれど、将来性や何ができるかといった可能性を調べることで、怪しげな仮想通貨というイメージがきっと覆るという気がしたからです。
世界は今やインターネットによって緊密に連携し、さまざまなサービスを受けられるようになりました。
海外のショッピングサイトで買い物ができれば、為替の変動によって国内で買うよりも安く買うことも可能です。
その場合、決済で自国の通貨から購入したい国の通貨に両替をしていたのでは、手数料がネックになってせっかくの為替の差益も吹っ飛んでしまいます。
そこでビットコインが使えれば、手数料は安く、そして世界中どこででも同じ通貨で支払いができるわけです。
インターネットが廃れない限り、この通貨はこれからどんどん可能性を広げていくと確信しました。